20.09月 Canon EOS R6 着弾

2月でしたっけね開発発表。

手ブレ補正、AFすげーなだけど高いしなーなんて思ったけど。

Rユーザーからすると期待感がすごくてこりゃ買いだ。って直感で思った。

 

7月の製品発表をYou Tubeで見て9日でしたっけね、10日から予約スタート。

11日にビックカメラの店頭でR6本体を予約しました。

Twitterを見ているとR5が7月30日発売でR6も同様に入手困難。

予約スタート数日で手に入らないことが話題になったことで、

あとで注文かければいいやと思ったけど、バッテリーグリップ、コントロールリングを7月17日にマップカメラで注文。

SDカード(UHSⅡ)をAmazonで発注。

コントロールリングは注文時確保。その後、在庫不足が続いてる。

バッテリーグリップBG-R10が確保できず。。。

同時発送にしてしまったので、在庫確保されないと発送されないので、R用で使ってたコントロールリングを共用で使うことに。

R6は操作ダイヤルが3つありコントロールリングで4つRは2つ、コントロールリングで3つ)なので

コントロールリングなしでいいという方もいるみたいなんですが

Rと同時使用するに当たり、コントロールリングなしでは操作系が変わるので同じにしたかった。

結局9月21日に着弾予定。長かった。

EOS R6は8月27日発売も初期ロットはハズレ。9月2日連絡4日着弾。

 

まぁ、導入に当たりこんな感じでなんとか9月で完結。

いろいろ現在テストしている訳ですが、Rに比べて素晴らしすぎる。。。

 

シャッター速度、AF

EVF覗いてAFポイントの多さ、細かさにびっくりというか感動w

そしてEVFが滑らか。

Canonの現像ソフトDPP4でAFポイントを表示

EOS R6 AFポイント 最大6072ポジション

EOS R AFポイント  最大5655ポジション

Rでも多くて便利だけど細かさがないので。(1点AFで小は選べる)

そして、シャッター速度に笑うw(メカ12、電子20)

初期設定で、電子先幕になってたけど使ってない・・・・

たぶん、メカと電子を使い分けることになりそう(面倒だったらメカかな?

電子先幕は露出が安定しないことがあるらしい。

電子は20コマだけど動きものは歪んで写るとのこと。

AF認識(顔、瞳、動物)

AFで顔、瞳検出、動物検出。検出されれば動物の瞳にAFポイントが・・・・

EOSR6+SIGMA150-600C+×1.4倍テレコン+1.6倍クロップモード=1344mm

最近いつもの鳥さんいないのであまり試せてないんですが、飛んでる鳥に食らいつく。

カラスの瞳にストン。ただ、画面に入る鳥のサイズで認識が変わるっぽい。

今回、SIGMA150-600C+×1.4倍テレコン+1.6倍クロップモード=1344mmでやっと瞳に。

SIGMA150-600C+×1.4倍テレコン=840mmは鳥全体認識だった。

飛んでる鳥はそのうちやってみるつもりではあるが、何せ鳥さんいない。

 

偶然にも、野良猫さん現れたんで。

Canon EOS R6 + EF70-200mm F4L IS II USM
Canon EOS R6 + EF70-200mm F4L IS II USM+1.6倍クロップモード

目が開いてないので顔認識

Canon EOS R6 + EF70-200mm F4L IS II USM+1.6倍クロップモード

目が開いたので瞳認識

Canon EOS R6 + EF70-200mm F4L IS II USM+1.6倍クロップモード

顔が見えないので動物認識

作例

作例なんていうと大げさですけどね・・・

今回、R6導入してなんとなくJPEGというかDIGIC Xが優秀で下手にRAW現像をするより

そのまま、JPEGいじったほうがいい場合が多いという実感。

JPEG
iPad mini Lightroomで現像
RAW現像
JPEG
JPEG
RAW現像
RAW
JPEG
RAW現像
RAW

 

買って正解だったと思ったけど、使いこなせるかな?なんてね。